« 『ファークライ3』国内版と『クライシス3』国内版の発売日がなんと、3月7日という同じ発売日なのが知る人ぞ知る宿命のライバル対決だと思ってしまう件。 | トップページ | 『ファイナルファンタジー』や『クロノトリガー』のゲームミュージックを大胆アレンジしている、→Pia-no-jaC← (ピアノジャック) の素晴らしいライブパフォーマンスに感動してしまった件。 »

2013年2月14日 (木)

I am the LAW !!!! 新たに復活した『ジャッジ・ドレッド』が2D、3Dバージョンで2/16から公開されるぞ! 『ザ・レイド』や『ロボコップ』好きの映画ファンは必ず観るように!

今週土曜、2月16日からリブート(結局大コケしたからこれ1本限りらしいけど)された『ジャッジ・ドレッド』が2D、3Dバージョンで日本でも公開される。

Photo__000348
こちらが『ジャッジ・ドレッド』オフィシャルサイト

アメリカでの評判がイマイチだったのでそこまで興味惹かれてはいなかったが、ロボコップに心血注ぐぐらいLOVEな自分は(ロボコップは日本の宇宙刑事シリーズとジャッジ・ドレッドを組み合わせたエッセンスなので♪)劇場公開されたら普通に観に行く程度でしか考えていなかった。

ところが、昨年暮れに仕事で一緒させて頂いた漫画家の古泉智浩先生から「2012年に観た映画のベストワンでしたよ!吉田さんは『ザ・レイド』好きだから絶対気に入るはず!」と『ジャッジ・ドレッド』を強力プッシュする太鼓判押しされていたこともあり、興味がふつふつと抱き始めた。そんな矢先、年末に本作の宣伝している山下さんから突如サンプルDVDが送られてきたので、ナイスなタイミングと思い鑑賞。

Photo__000343
山下さんのように直筆のお手紙が付いているだけで、アナログ人間なオッサンには不思議と応援したくなる気持ちが発動するのである。

で、『ジャッジ・ドレッド』をサンプルDVDにて鑑賞したところ……批評家たちのネガティブな意見とは裏腹に傑作だったわ!!! 悪党たちが牛耳る要塞のようなアパートメントに閉じ込められたドレッドが大暴れする単純明快な内容に、無類のアクション&ヴァイオレンスが大好きな吉田としては手放しで大絶賛。海外のレビューを読むとクライマックスが残念とか言ってるバカが多かったけど、オマエラ何言ってんの? ジャッジがあのような処刑するしかなかったのは物語の流れ的に必要だったではないか。さらに冒頭の殺人事件とクライマックスを因果応報的にオーバーラップさせようとしていることも気がついてない事実。花形スターも出ていなければ、カール・アーバンも原作のドレッドに徹しているからヘルメットを取らないんで地味な印象が強かったんだろうなぁ。本当に勿体ない。劇場には3Dで観に行くことにする! 結構3D向きの絵作りしていたんでね。

Photo__000337
ちなみに吉田はロボコップが好きになってから元ネタのジャッジ・ドレッドの存在を『ロボコップ』鑑賞直後に知り、原作を読んだり、ビデオゲーム版を追いかけたりしておりましたデス。様々な映画に登場したキャラクターと共演したりと、日本では知られていないかもしれないけどドレッドの人気は本家、英国だけではなく北米にもファンがついているんだな。

Photo__000336
Photo__000335
日本と海外では認知度やファンの数に対する温度差が残念ながら非常に感じてしまう『ジャッジ・ドレッド』ではあるが、1995年にスライで実写化された時は大変興奮したもんです。

Photo__000344
当時、東宝東和の仕事をしていたため、映画が作られる随分前に見た資料では最初アーノルド・シュワツェネッガーが『ジャッジ・ドレッド』の主役で決まっていたんだよね。どういう経緯でスライになったのかは知らないけど、95年版『~ドレッド』は仕事で関わっていたのもあるけど、原作が好きだったこともあって面白くないって意見多々あったけど、個人的には好きな映画ですね。「アイ アム ザ ロウ!」と原作で目にしていたセリフをスライが口をひん曲げながらシャウトする部分で感動した記憶が蘇る。そういえば完成披露試写を有楽町マリオンの日劇プラザ(確かここだったはず)でやった際、隣に座って鑑賞していた方が藤子不二雄A先生だったんだっけなぁ。

Photo__000352
ツクダホビーでは輸入版のドレッド、ABCロボット、ミーンマシーンのソフビを輸入して販売したり、劇場公開初日には販売が間に合わなかったスライの肖像権を模したメディコムトイのアクションフィギュア(スライが出来上がった顔に対して難癖つけてきて何度も作り直したから販売が遅れた)、テレホンカードや下敷などの劇場用販売グッズなど、実は『ジャッジ・ドレッド』には思い入れタップリんこ。

Photo__000347
それにしても95年版『~ドレッド』のABCウォーロボットは無骨なデザインもさることながら、ウェザリングされた錆び付いている感漂う塗装も含めカッコ良すぎる。関節無可動なソフビしかオモチャって出てないけど多関節稼働なオモチャを今の技術ならできるはずなんだけどなぁ。どこか作ってくれないかしら。しっかし、等身大プロップのABCロボ欲しい。一台だけ作られたみたいなんだが持っている人は持っているんだよね。スゲー。

Photo__000341
ABCウォーロボットはマニアに人気がある一方、片腕のハンディキャップなミーンマシーンの人気がないのは何故なんだろう? 公開当時は気持ち悪いってみんな言ってたからそれが理由なのかもしれないが。っつうか大昔日本で発売されたスライ版『ジャッジ・ドレッド』のDVDが異常高騰しているので再び観たくても観れないのは困るよなぁ。どこかのメーカーは2012年版のパッケージ版出すタイミングで改めて再販するべき!

最後に原作版&映画版の『ジャッジ・ドレッド』がゲーム化されたヒストリーも写真でわかるよう貼り付けておくわ。

Photo__000338
Photo__000339
Photo__000333
80年代から90年代初頭に北米欧州でリリースされていたモンはどれもこれもが完成度低くて、今遊んでみると地獄を味わうはず。

Photo__000325
実はゲームボーイ版だけプレイしたことないんだよね。

Photo__000329
Photo__000330
スーファミ版&メガドライブ版は日本国内版はプレミアム価格で高騰しているため所有してませぬ。海外版でしか持ってないm(_ _)m

Photo__000328
日本ではゲームギア版って発売されていたのかしら?

Photo__000327
こちらは海外販売のみだけど、プレステで『~ドレッド』が3DCGでゲーム化されただけで興奮したっけなぁ。

Photo__000331
PC、ゲームキューブ、プレステ2、Xboxでリリースされた『~ドレッド』は良く出来ていたね。結構面白かった記憶がある。当然こちらも海外のみ。

Photo__000334
iPhoneのアドベンチャーゲームは残念ながら未プレイ。

Photo__000332
2012年版公開のプロモーション用で作られた原作ルックスなiPhone版アクションゲーム。とは言ってもゾンビを皆殺しにしていくだけの単純なゲームなんだけどね。でもこういうトップヴューのゲームは好きなので悪くない完成度。

|

« 『ファークライ3』国内版と『クライシス3』国内版の発売日がなんと、3月7日という同じ発売日なのが知る人ぞ知る宿命のライバル対決だと思ってしまう件。 | トップページ | 『ファイナルファンタジー』や『クロノトリガー』のゲームミュージックを大胆アレンジしている、→Pia-no-jaC← (ピアノジャック) の素晴らしいライブパフォーマンスに感動してしまった件。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1797829/49409652

この記事へのトラックバック一覧です: I am the LAW !!!! 新たに復活した『ジャッジ・ドレッド』が2D、3Dバージョンで2/16から公開されるぞ! 『ザ・レイド』や『ロボコップ』好きの映画ファンは必ず観るように!:

« 『ファークライ3』国内版と『クライシス3』国内版の発売日がなんと、3月7日という同じ発売日なのが知る人ぞ知る宿命のライバル対決だと思ってしまう件。 | トップページ | 『ファイナルファンタジー』や『クロノトリガー』のゲームミュージックを大胆アレンジしている、→Pia-no-jaC← (ピアノジャック) の素晴らしいライブパフォーマンスに感動してしまった件。 »